ドクダミ

身の回りでよく見かけるドクダミの効能は?十薬は漢方でも使われる

梅雨の頃、白い花をつけるドクダミ。近所でも少し日当たりが悪いような所を探せば結構見つかると思います。ちょっとした田舎では、大量に生えているところもあるでしょう。
このドクダミ、漢方でも十薬として用いますが、ニキビなどの改善に効果があるのです。

広告
ドクダミ
ドクダミは万能薬と言われるほど効能の多い野草です

ドクダミとはどんな植物?

最近では雑草の生えた空き地も少なくなり、ドクダミを目にしたことがないという人も増えています。また、逆に、あまりにも自然に生えすぎていて、目にもとめない人もいるでしょう。

ドクダミは、ドクダミ科・ドクダミ属に分類される多年草です。ドクダミ科の仲間には、同じく6月頃に花が咲くハンゲショウがあります。

ドクダミの花と思われている部分の白い花弁状に見えるのは総苞片(そうほうへん)と呼ばれる器官で、黄色いしべのように見える部分も多くの花が集ったものです。つまり、あの黄色いつぶつぶそれぞれが花なのです。

ドクダミは地下茎を通して繁殖する多年草で、歯は独特のニオイがして、葉の汁がつくとなかなかその臭いが取れません。かなりきついニオイですが、この物質には、抗菌作用、特に黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、白癬菌(はくせんきん)などの細菌の活動を抑える効果があります。
昔からドクダミの葉を傷口に湿布することが民間療法として行われてきましたが、抗菌作用によってバイ菌から皮膚を守られるということを昔の人は知っていたのですね。

乾燥したドクダミは十薬として漢方にも使われます。江戸時代に活躍した貝原益軒も、『大和本草』の中でドクダミの効果について触れています。

一般的には雑草として認知されているドクダミですが、最近では、 ドクダミも園芸用に八重咲きのものや葉に乳白色の斑が入るものもあります。観賞用植物として、NHKの趣味の園芸でも取り上げられています。

広告

ドクダミ茶は効能もあるが注意も必要

ドクダミ茶は万能薬ともいわれるくらいの効能があります。先ほど紹介した抗菌作用だけでなく、利尿作用、成分として含まれるクエルシトリンの効果で便秘解消し、ニキビなどの原因となる老廃物を排出しやすくします。
さらには毛細血管強化し、高血圧の予防にもなりますし、胃腸を元気にします。

そのほかにも、まだまだ効果は挙げられるのですが、一方で副作用もあります。まず、胃腸を元気にするのは良いけれど、便秘でない人が多めに飲むと下痢の原因になります。
特に、腎臓に病気がある人は、カリウムが多くなりすぎ、吐き気やしびれなどの高カリウム血症を引き起こす危険があります。場合によっては死に至るケースもあるので、注意しましょう。
もし、異常を感じたら、飲用を中止し、医師の診断を受けて下さい。

通常、煮出す場合は乾燥したドクダミ5g程度を1リットルの水で煮だし、コップで数杯を目安に飲用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください