災害時の液体ミルク

赤ちゃんのミルクは水道水で大丈夫?液体ミルクは最近注目の安心できる乳飲料

赤ちゃんを母乳で育てるという人もいますが、一般には粉ミルクのお世話になることが多いでしょう。粉ミルクは赤ちゃんが飲むのに適した温度で溶かしますが、これには神経も使います。温度管理や溶かす水が適切でないと雑菌が繁殖する原因になることもあります。
また、災害時など、きれいな水が手に入らないときには、どうしたらよいか、不安な人もいるのではないでしょうか。
そんな人に注目なのが長期保存の利く液体ミルクです。

災害時の液体ミルク
災害時など通常の環境でミルクが作れない場合の対処として、液体ミルクが注目されています
広告


赤ちゃんのミルクは水道水で大丈夫?

赤ちゃんのミルクを作るときには、十分に煮沸した水道水で十分というのが定説です。日本の水道水は飲料に適するように、厳しい基準で不純物や細菌等が混ざらないように設定されているので、一部の声にある、塩素やその他の有害物質の影響を心配する必要はありません。ただ、水道管が古くなってくると、水道管の内側の鉄や、場合によっては鉛の腐食もあるため、煮沸を十分にしてから使う必要があります。発がん性がいわれるトリハロメタンについても、揮発性があるため、煮沸によって取り除くことができます。

それでも心配な人は、ミネラルウォーターを使うことになると思いますが、気をつけたいのは水の硬度。いわゆる硬水として販売されている水は、ミネラル分が多すぎて、赤ちゃんが下痢を起こす原因になることもあります。
そもそも国内の粉ミルクメーカーは、日本の水道水で溶かすことを前提に開発しているので、栄養的には全く問題はありません。そして日本の水のほとんどは軟水なのです。

そしてもう一つ、忙しい時間に十分な時間の煮沸ができない場合に、是非活用してもらいたいのが電気ポットやお湯が常備準備できるウォーターサーバー。カルキ抜き機能がついた電気ポットなら、安心ですし、いつでも熱いお湯があるので素早くミルクを作れます。赤ちゃんに与える前に適温に冷ましてから使いましょう。

 

赤ちゃんのミルクを作るときには、十分に煮沸した水道水で十分というのが定説です。日本の水道水は飲料に適するように、厳しい基準で不純物や細菌等が混ざらないように設定されているので、一部の声にある、塩素やその他の有害物質の影響を心配する必要はありません。ただ、水道管が古くなってくると、水道管の内側の鉄や、場合によっては鉛の腐食もあるため、煮沸を十分にしてから使う必要があります。発がん性がいわれるトリハロメタンについても、揮発性があるため、煮沸によって取り除くことができます。

それでも心配な人は、ミネラルウォーターを使うことになると思いますが、気をつけたいのは水の硬度。いわゆる硬水として販売されている水は、ミネラル分が多すぎて、赤ちゃんが下痢を起こす原因になることもあります。
そもそも国内の粉ミルクメーカーは、日本の水道水で溶かすことを前提に開発しているので、栄養的には全く問題はありません。そして日本の水のほとんどは軟水なのです。

そしてもう一つ、忙しい時間に十分な時間の煮沸ができない場合に、是非活用してもらいたいのが電気ポットやお湯が常備準備できるウォーターサーバー。カルキ抜き機能がついた電気ポットなら、安心ですし、いつでも熱いお湯があるので素早くミルクを作れます。赤ちゃんに与える前に適温に冷ましてから使いましょう。

広告

災害時など水が使えないときはどうする?

災害時に問題になるのが水や火が使えないこと。災害時には、停電や断水などで水道水も使えないし電気ポットも使えない。そのような場合、どうすれば良いでしょう。
災害に備えて、カセットコンロや、消毒しなくても使える、使い捨ての哺乳瓶や紙コップなど代用できるものを準備しておきましょう。
火が使えない環境も考え、発熱剤をセットにしたミルク作成キットも販売されているようですので、本当に一時しのぎの非常手段として常備しておくと良いかもしれません。
避難所などでは、それらを自由に使うことも困難な場合があるので、最低限、お湯が使えるかどうかは確認した方が安心です。

このような災害に備え、最近、注目されているのが液体ミルク。常温で長期保存が可能になっており、欧米では普及しているのですが、殺菌の問題があって、日本ではまだ許可されていません。しかし、災害時に輸入の液体ミルクが支援物資として重宝したという話もあり、日本でも解禁の方向で調整が進んでいます。

 広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください