アイスドリップコーヒー

コーヒーの成分は抽出温度で変化する!アイスコーヒーを入れるときには注意を

最近は緑茶や紅茶でも「水出し」が注目されています。一方でコーヒーはどうなんでしょうか?
アイスコーヒーのおいしいお店はありますが、自宅で淹れてみるとどうも好きになれません。
さて、アイスコーヒーで水出しというのはアリでしょうか?また、緑茶のように成分に差は出るのでしょうか?

 

 

アイスドリップコーヒー
アイスコーヒーも抽出温度に気をつけておいしく淹れよう
広告

おいしいコーヒーの淹れ方

おいしいコーヒーを家庭でも飲みたいと、コーヒーメーカーやドリップのフィルタ、原料のコーヒー豆にこだわる人はたくさんいます。 でも、有名なお店で飲むコーヒーとは全く違うと残念がる人も少なくはないでしょう。 もちろん、コーヒー豆や煎り方、ドリップの方法でも味は違ってきますが、淹れ方を間違えていませんか? 間違った淹れ方をすると、せっかくのコーヒーのおいしさや健康に役立つ成分を引き出さずに捨ててしまっていることになっているのです。 普通のコーヒーの場合、いろんな抽出方法がありますが、基本的には2つになります。 紙などのフィルターを使う透過法、コーヒーの粉を一定時間お湯に浸しておき、時間が経つと粉と液体を分離する浸漬法の2つです。前者では、お湯を注ぐ量や時間に左右されやすいので、より繊細な感覚が必要といえます。 そして、今回の話の中心になるお湯の温度ですが、透過法を使う方法では、短時間に抽出されるため、より効果に差が出やすいといえます。 コーヒーを淹れる時のお湯の温度は、70℃~90℃といわれます。ずいぶんと幅がありますが、お湯の温度が高いほど苦み成分が先に抽出されます。この苦みの成分は、クロロゲン酸類などで、コーヒーポリフェノール類としてまとめて呼ばれることもあります。血糖値の上昇を抑える働きや脂肪燃焼効果が期待できる成分です。 一方、温度が比較的低い状態で抽出されるのは、キナ酸やクエン酸などの酸味成分。さらにゆっくり蒸らすことで甘みやコクにつながる脂質やリンゴ酸、フリルメタンチといった成分も抽出されてきます。

広告

アイスコーヒーのおいし淹れ方は?

 

アイスコーヒーのおいしい淹れ方は、いろんなところで紹介されています。ここではkeyCOFFEEのホームページに紹介されているものを例に考えてみましょう。

アイスコーヒーの基本は、熱いお湯で入れたコーヒーに氷を淹れて急速に冷やすというものです。氷を淹れる分、濃いめのコーヒーにします。つまり、注ぐお湯の量に対して豆(粉)は多い目にします。おおよそ粉15gに対し、出来上がりのアイスコーヒー150ccが目安になります。
熱い温度になるので、苦みが多く出ます。逆にうまみや酸味は抽出される時間が足りなくなるので、できるだけゆっくり抽出するようにするのがコツです。豆も深入りのものを使うことで過度な苦みを減らすことはできます。

もう一つ、「水出し」という方法もあります。こちらは、専用の水出しパックを使います。500mlの水にパックをスプーンで軽く押さえて沈め、全体を水に浸し、冷蔵庫で4時間ほどかけてゆっくり抽出します。苦みの少ないまろやかなコーヒーが楽しめます。

アイスコーヒーは抽出される成分も考えて抽出方法などを工夫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください