鉄瓶

鉄分不足を普段の飲料で補うには、サプリより南部鉄器の鉄玉子を使う!

貧血の多い人では、鉄分の補給に気を配る人が多いと思います。サプリもたくさんありますし、鉄分強化をうたった飲料もたくさん出回っています。
そんな中で、毎日簡単にできる鉄分補給として、鉄鍋を使う方法があります。

鉄瓶
鉄の鍋は鉄分補給を手軽にする調理アイテムです。
広告




鉄分が不足するとどうなる?

鉄分不足は貧血の原因とすぐに思い浮かぶと思います。ご存じのように、ヒトの血液には鉄を含むヘモグロビンという物質が存在します。これがエネルギー変換に必要な酸素を隅々まで運搬する役割を担っています。ですから、運動をする人は余計にこのヘモグロビンが必要になってくるわけです。
貧血といってもいくつか種類があり、再生不良性貧血 、 悪性貧血(巨赤芽球貧血)、溶血性貧血等があるのですが、ほとんどの場合、鉄欠乏による貧血であるケースだそうです。特に女性に多いのが、鉄不足による貧血です。

貧血の症状としては、爪の色が白っぽく変色する、顔色がくすんだようになるといった症状がでます。
また、動悸や息切れがひどくなることはもちろん、最悪の場合は、激しい運動をしているときに失神してしまうこともあるようです。
鉄分は肝臓や脾臓(ひぞう)などに蓄えているので、健康な人ならすぐに鉄欠乏が起きるということはありませんが、常に外から補給しないといけないのです。

広告

鉄分補給には鉄瓶を使おう

食べ物では、大豆製品(納豆など)・ほうれん草・小松菜・切干大根などに多く含まれているので、毎朝の食事やスムージーに混ぜていただくと良いでしょう。
しかし、もっと気軽に、意識しないでも鉄分を摂取する方法があります。それは鉄製のお鍋を使うことです。鉄製の鍋の鉄は温度をかけることによって水に溶け出します。それも時間をかけて煮るほど、鉄成分がよく溶け出すのです。

鉄の鍋といえば南部鉄器。鉄瓶や急須などが水分補給には適しています。ただ、急須は内部をホーローでコーティングしてあるので、鉄分補給には不向きです。
その点、鉄瓶は内部も鉄なので、鉄分が溶け出します。鉄といえば赤さびが気になりますが、使用後に十分乾燥させることで、ほとんど心配はいりません。赤さびがもしできても、たわしなどで洗えば十分です。

おいしいお茶を、毎朝鉄瓶で沸かしたお湯で一服なんていうのも、鉄分補給だけでなく、ちょっとした贅沢な時間になります。

鉄瓶は少々高価で手軽に手が届かないという人には、南部鉄を使った「鉄タマゴ」というのがあります。1,000円前後からあり、これを普通のお鍋で煮ると、同じ効果が得られます。

ただし、サプリメントをイン要素ている人は、過剰摂取による副作用もあるので、注意しましょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください