ペニーロイヤルミントティー

堀北真希主演のドラマで話題のハーブティー「ペニーロイヤル」は妊婦禁止!

2016年、堀北真希さん結婚後、初の主演作となるテレビドラマ「ヒガンバナ」。初回放送から視聴率も高くて順調な滑り出しです。
さて、初回放送の中で重要な鍵を握るキーワード「ペニーロイヤルミントティー」は、妊婦が絶対避けるべきハーブティーでした。

広告




ペニーロイヤルハーブティーとは?

ペニーロイヤルミントティー

妊婦はノンカフェインが良いからとペニーロイヤルティーを飲むのは帰って危険です

さて、ペニーロイヤルミントティーとはどんなハーブのお茶でしょうか?
ペニーロイヤルミントはヨーロッパから西アジア原産のシソ科で、地下茎でどんどん増えていく繁殖力旺盛なのが特徴の植物です。
家庭園芸では、頑健な性格を活用して、グランドカバーに用いることもあるようです。

ペニーロイヤルはミントによく似た香りがするので、ハーブティーとしてもよく利用されます。しかしその精油は、量を間違えると人体にとって非常に危険なハーブです。
それというのも、ペニーロイヤルは古くから妊娠中絶を行うために薬草として用いられてきた歴史があるくらい、量が多いと非常に危険といわれています。

広告




ペニーロイヤルティーは疲れを取り除く

ペニーロイヤルのさわやかな香りの主成分はメントール。これが子宮の収縮を刺激する為、中絶の恐れがあると言われているのです。
他には嘔吐、発熱、頭痛等の症状が出ることがあります。これは精油成分に含まれるフレゴンという物質が原因です。

ですが、神経系を鎮めて、全身の緊張と不安を和らげる効果もあり、思考力を高め、明晰にすると同時に、心理的なバランスの崩れを調和する効果が期待できます。

ノンカフェインのハーブティーとして、常時飲用するのはおすすめしませんが、仕事のストレスで少し疲れがたまってきたときに、ペニーロイヤルを用いるのはかなり効果的だと考えられます。

また、女性には生理不順による精神的な不安を和らげる効果があるので、特に便秘がちな人には効果があるようです。

ハーブティーは女性などには特に好まれる健康飲料として、数々の植物が用いられますが、ペニーロイヤルのように、間違えて使うと人の死に直結するものもあるので、初めて利用する植物の場合は、前もって調べておくと安心です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です