咳喘息

喘息に良い飲物を飲んで、乾燥しやすい冬を乗り切ろう

乾燥する季節、喘息の人には厄介な季節がやってきたと思うでしょう。
慢性的なものを想像しがちな喘息ですが、そうでなくても、風邪をこじらせ、咳が治まらない人は要注意です。これが慢性化することもあるからです。

つらい喘息を予防し、緩和するにはどんな飲み物がよいのでしょうか?

広告




慢性でなくても起きる喘息は予防が大事

咳喘息
喘息の緩和には、アレルギー緩和に効果のあるルイボスティーを飲もう

「風邪にしては咳が長く続き治らない」という人は、咳喘息かもしれません。
特にアレルギー症状を持つ女性は咳喘息になりやすいとされます。
咳喘息は一般的な喘息とは異なり、ゼイゼイと喉が鳴るといったことはありませんし、ひどい発作もありません。しかし、室内外の温度差や飲酒、ストレス、ハウスダストなどが引き金になって、咳き込むのです。
咳喘息をそのまま放置すると、慢性化し、本当の喘息になることもあるようです。

咳喘息を予防するには、風邪をひかないこと、思い当たる原因(ハウスダストや花粉などのアレルギー源)を除去すること、ストレスをためないよう、規則正しい生活をすることなどです。

冬の時期、温度差が激しい室内から屋外へ出るときには、マスクやマフラーなどを着用し、冷たい空気がいきなり当たらない工夫をしましょう。

冷たい飲み物や、アルコールなども控えめにしたほうがよいでしょう。

喘息を抑える飲み物はルイボスティー

広告




喘息を抑える飲物として、気管支を広げてくれる飲み物を飲みましょう。
一つはコーヒーです。
コーヒーのカフェインには、ぜんそく治療に使われる「テオフィリン」という薬効成分と化学的構造がよく似ていて、気管支を広げる作用があるのです。
ただし、カフェイン自体が刺激になって、喘息を誘発するという説もあり、あまり濃いコーヒーを飲むのはお勧めできません。
また、すでにぜんそく治療を受けている人は、コーヒーは控えるほうがよい場合もあり、医師の指導に従ってください。

アレルギーが原因でぜんそくがひどい場合には、ルイボスティーが有効です。ルイボスティーに含まれるフラボノイドが、アレルギー症状の緩和に作用します。
風邪に効くとして昔から愛用されてきた大根のはちみつ漬け。この汁をお湯で薄めて飲むと、のどのイガイガ感がなくなり、咳を鎮めることができます。

咳喘息がひどくて悩む人は、こういった飲み物を保温ボトルに入れて持ち歩くようにしてみましょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です