ジューサー

りんごの皮に栄養がある!低速ミキサーで残さずジュースに入れて

昔、「丸ごとかじった赤いリンゴの切り口に赤い血が・・・。これは歯周病です!」というCMがありました。

赤いリンゴは皮ごと丸かじりするのがおいしく見えます。
一時期、輸入品を中心に、収穫後に処理されるワックスが問題視され皮を剝かないと、とてもリンゴは食べられないと言われた時期もありました。
しかし今では安全性も高まり、昔のように触っただけで、ワックスが手に付き、指がベトベトになることはなくなりました。

実はリンゴの栄養は皮にもあり、低速ミキサーとの組み合わせでより以上に栄養が豊富なジュースができます。

広告




リンゴの皮も栄養豊富

ジューサー
リンゴは丸ごと使うことでが栄養豊富なジュースができます

「リンゴの皮には栄養がある」とは聞いたことがあるけれど、実際にどんな栄養があるかを知っている人はまれです。

リンゴの皮の栄養成分は、主に3種類のポリフェノールがあります。これらのポリフェノールは分子が大きい、もしくは複合体となって働き、強い抗酸化作用を発揮します。

まずはエビカテキン。この成分は、文字通り加熱するとカテキンに変化する物質で、カテキンと同じような働きをします。
カテキンを多く含むお茶をたくさん飲むと胃を荒らすことがありますが、このエビカテキンは全くそのような副作用はありません。
エビカテキンの抗酸化作用は血液をキレイにし、動脈硬化を予防するのに役立ちます。

次に、プロシアニジン。この物質は、コレステロールを下げる効果に加え、虫歯の予防やメラニンの生成を抑制する作用、さらには育毛促進まで、美容にも効果の期待できる物質なのです。

最後はアントシアニン。これは赤色のもとになる物質で、高血圧の予防の他、ブルーベリーなどで知られる視力の改善にも効果のある物質です。

これだけの栄養があるリンゴの皮。捨てずに一緒に食べてしまいましょう。

リンゴの皮をジュースにするには低速ミキサーを使おう

リンゴの皮の栄養をしっかり摂取するには皮のまま使うことがポイントです。
普通のミキサーやジューサーでももちろん可能ですが、あまり細かく砕いてしまうと栄養素が壊れてしまう危険性もあります。また、果物に含まれる酵素も壊れてしまい、胃腸に負担をかけてしまうことにもなります。

そこで、毎日続けるためには、低速ミキサーがおすすめ。低速ジューサーはゆっくり果実を搾り出すために、酵素など壊れやすい物質が残り易くなります。
2万円を超える商品もあり、値段は少し高いですが、毎日使う道具として一つ揃えておいてもよいでしょう。
りんごの皮に栄養がある!低速ミキサーで残さずジュースに入れて

昔、「丸ごとかじった赤いリンゴの切り口に赤い血が・・・。これは歯周病です!」というCMがありました。

赤いリンゴは皮ごと丸かじりするのがおいしく見えます。
一時期、輸入品を中心に、収穫後に処理されるワックスが問題視され皮を剝かないと、とてもリンゴは食べられないと言われた時期もありました。
しかし今では安全性も高まり、昔のように触っただけで、ワックスが手に付き、指がベトベトになることはなくなりました。

実はリンゴの栄養は皮にもあり、低速ミキサーとの組み合わせでより以上に栄養が豊富なジュースができます。

リンゴの皮も栄養豊富

「リンゴの皮には栄養がある」とは聞いたことがあるけれど、実際にどんな栄養があるかを知っている人はまれです。

リンゴの皮の栄養成分は、主に3種類のポリフェノールがあります。これらのポリフェノールは分子が大きい、もしくは複合体となって働き、強い抗酸化作用を発揮します。

まずはエビカテキン。この成分は、文字通り加熱するとカテキンに変化する物質で、カテキンと同じような働きをします。
カテキンを多く含むお茶をたくさん飲むと胃を荒らすことがありますが、このエビカテキンは全くそのような副作用はありません。
エビカテキンの抗酸化作用は血液をキレイにし、動脈硬化を予防するのに役立ちます。

次に、プロシアニジン。この物質は、コレステロールを下げる効果に加え、虫歯の予防やメラニンの生成を抑制する作用、さらには育毛促進まで、美容にも効果の期待できる物質なのです。

最後はアントシアニン。これは赤色のもとになる物質で、高血圧の予防の他、ブルーベリーなどで知られる視力の改善にも効果のある物質です。

これだけの栄養があるリンゴの皮。捨てずに一緒に食べてしまいましょう。

広告




リンゴの皮をジュースにするには低速ミキサーを使おう

リンゴの皮の栄養をしっかり摂取するには皮のまま使うことがポイントです。
普通のミキサーやジューサーでももちろん可能ですが、あまり細かく砕いてしまうと栄養素が壊れてしまう危険性もあります。また、果物に含まれる酵素も壊れてしまい、胃腸に負担をかけてしまうことにもなります。

そこで、毎日続けるためには、低速ミキサーがおすすめ。低速ジューサーはゆっくり果実を搾り出すために、酵素など壊れやすい物質が残り易くなります。
2万円を超える商品もあり、値段は少し高いですが、毎日使う道具として一つ揃えておいてもよいでしょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です