リンゴ酢

リンゴジュースは栄養があっておいしいけどカロリーが心配?

真っ赤なりんごは、それだけで元気が出るような気がします。
ヨーロッパでは、「赤いりんごは医者いらず」と言われるほど、栄養価の高い果物として認められてきました。

そのりんごですが、最近は甘い品種が増えてきました。
栄養が濃縮されたリンゴジュースはさぞかし健康に良いだろうと思って飲用している人も多いでしょうが、一方でカロリーのことも心配になります。

広告




りんごの栄養は豊富だが注意も必要

リンゴ
リンゴの栄養は豊富だが、特に栄養のある皮にはアレルギー物質が含まれている。。。

りんごがあれば医者が青くなるといわれるほど、栄養は豊富なのですが、中でもペクチンは多く含まれています。
ペクチンは食物繊維の一種なので、整腸作用を促してコレストロールを排出しやすくします。
また、りんごポリフェノールにも、コレステロールを除去し、活性酸素を抑える働きがあるので、ダイエットや美容にも効果が期待できるのです。

ただし、これらの栄養物質は皮に多く含まれていて、皮ごと食べるのが理想なのですが、あまり食べ過ぎると、皮に含まれるアレルギー物質が反応して、発疹が出ることもあります。
このアレルギー物質は、農薬などの化学物質ではないので、無農薬栽培されたものの方がむしろ多く含まれているのだそうです。

とはいえ、一度に多く食べなければ問題はないので、良く洗ってから皮ごと使うようにすれば大丈夫です。

広告




りんごでダイエットはカロリー大丈夫?

一部では、りんごダイエットが注目されています。3日間だけ、りんごだけを食べて、コレステロールを積極的に排出し、健康な体を取り戻そうというものらしいですが、著しい偏食になるので、あまりおすすめはできません。

気になるカロリーですが、大きなりんごは1個あたり250kcal前後。
りんごダイエットで一食分として2個とすると、1500kcalとなり、女性の1日当たりのカロリー摂取量に近くなります。
しかし、一度に大きなりんごを2個食べるのは無理な人が多いでしょうから、それよりはカロリーは低くなります。

リンゴジュースの場合はどうかというと、100%のストレートジュースなら、150kcal(200ml)で、中くらいのりんご1個と同じくらいです。
また、濃縮還元のジュースは、成分は再調整されているので、カロリーは高いのではないかと思われがちですが、ストレートジュースと同程度です。

総じて、りんごやリンゴジュースを活用する場合は、カロリーにも少し気をつけて、あまり取り過ぎないようにした方が良いようです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です