日本食の塩分

塩分の控えすぎで冷え性が促進される?女性は飲料で適度な塩分補給

”塩分控えめ”と表示された商品はずいぶん多いですね。
日本人の塩分摂取量は、まだまだ多く、厚生労働省でも、2015年から再び基準摂取量を引き下げました。

しかし、塩分の控えすぎも考え物で、冷え性に悩む人は害でしかありません。

広告




日本食は塩分が多い?

日本食の塩分
日本食は塩分が多いが、野菜も多いので、余分な塩分は排出される

厚生労働省が新しく基準とした塩分摂取量は、男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満です。

塩分が多いと、高血圧を招き、脳卒中などの病気の引き金になります。
日本人の3大死亡原因の心臓病や脳卒中は、長い間の塩分の取り過ぎが原因となっているのです。
日本の食文化では、朝は味噌汁、そして寒い地方を中心に、漬け物など、塩漬けにした食べ物が多かったため、塩分が多かったのは事実です。

しかし、最近の減塩食ブームの広まりで、年々塩分摂取量は減少してきており、2013年における成人の一日あたりの塩分平均摂取量は男性で11.1g、女性で9.4gまでになっています。

健康にもよく、世界にも発信していこうとしている日本食ですが、塩分だけとると、やはり少し多いようです。
しかし、日本食では、野菜も多く摂取する傾向にあり、食物繊維とカリウムをたくさん含んだ食品を摂取することで、塩分の取り過ぎを緩和してくれるのです。
厚生労働省でも、カリウムや食物繊維の多い食事を子どもの頃から心がけるよう推奨しています。

広告




塩分の控えすぎも冷え性には注意

塩分を全く摂取しないと、人間が生きていけないというのは、誰でも知っていると思います。

血圧と塩分摂取の関係についてはかなり前から研究がされていて、1960年代には、民族の塩摂取量と平均血圧とに明確な正比例の関係があるという疫学調査の論文が発表されています。(ダール博士(1960)の最初の疫学調査の論文には基本的な間違いがあったといわれる)

しかし、現在の研究では、
「塩を食べない人種が存在するが、それらの人には高血圧症がないかわりに、寿命は短い。日本のように塩をたくさん食べる人種は高血圧傾向の人は多いが長寿である。」という研究や、「多くの減塩の実験成果を見ると血圧低減効果は平均数mmにすぎず、血圧が上がる人も多数いて、減塩による血圧低下の効果は極めて限定される。」といった報告もなされ、過度な減塩はそれほど効果がないことがわかってきました。

それどころか。アメリカの大学院生が被験者となって行った実験では、ナトリウムをある程度摂取した方がよく眠れるという実験結果もあります。

また、体内の新陳代謝をよくするために塩分は欠かせず、あまりに減塩すると、疲れやすくなる、冷え性になるといった症状に悩まされます。

冷え性の人は、適度な塩分摂取を心がけ、同時に、食物繊維の多い野菜や果物でスムージーをつくって、バランスのよい食生活に改善していくことが大事です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です