肉食

日本では女性向けエナジードリンクが人気。肉食系女子には必須?

”BURN”や”RED Bull”などでおなじみになったエナジードリンク。
カフェインを多く含んだ飲料なので、一部カフェインを控えている人は避けた方が良いのですが、最近は女性向けのエナジードリンクが人気になっています。

広告

広告




エナジードリンクは、男のもの?

肉食
肉食系女子ならずとも肌を気にする女性にも専用のエナジードリンクで、ここ一発の元気を!

数多くのエナジードリンクがコンビニでも普通に見かけるようになった日本ですが、カタカナの商品名が多いですね。

そもそもエナジードリンクは、レッドブルが最初にブームのきっかけを作りました。
1984年にオーストリア人の商社マンが、タイで発掘した商品を改良して、大ヒットになったのです。
イメージとしては日本のリポビタンのような、元気が出る飲料を目指したようです。

エナジードリンクはカフェイン含有量が高いことで知られていますが、その他の成分も、メーカーによって、ガラナエキスや高麗人参など、まさに元気が出そうな成分が並んでいます。

そのようなイメージから、なんとなく、エナジードリンクは男のものと思いがちですが、最近は女性専用のエナジードリンクも発売されるようになりました。

広告




女性のために開発されたエナジードリンク

今、話題となっている女性用エナジードリンクは、「お嬢様 聖水」。その大人の香りがするネーミングと魅惑的なパッケージングから、男性の間でも話題になっているほど。

東京の地下鉄の駅で限定販売されていたのですが、売れ行きが好調で、一部コンビニでも販売されるようになりました。

この商品は、食物繊維と独自に開発した植物発酵エキスを含んでおり、酵素飲料としても有効な健康飲料となっています。

他にも、『チョコラBB』でおなじみのエーザイが発売する「Joma(ジョマ)」、塩こうじをベースに作られた「hacco(ハッコ)」など、美容にも良さそうな商品がたくさん出ています。

女性のためのエナジードリンクは、一般のエナジードリンクと比較して、成分にバラエティがあります。

炭酸が柔らかなものもあり、好みや状況に合わせて使い分けることも可能です。

女性は疲れが出ると肌も荒れ気味になります。エナジードリンクには、肌に効果のあるプラセンタやビタミンCを含んだものもあり、肌荒れを気にする人も最適です。

ここ一番の肉食系女子なら、ガラナエキスを含んだエナジードリンクも良いですし、魅力的な女性なら、酵素の入った女性用エナジードリンクも効果的です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です