ローズマリー

自分で育てたローズマリーをうまく乾燥保存して、ハーブティーに

家庭で香りの良いハーブを栽培している人も多いと思います。

ローズマリーは初心者にも育て方が簡単で、いつでも葉を切って使える便利な植物です。

このローズマリーをハーブティーで楽しむには、やはり乾燥しておくのがベスト。
上手な乾燥の仕方と保存方法を紹介しましょう。

広告

広告




いつもスッキリしたいならローズマリーティーを

ローズマリーには、抗酸化作用のあるジテルペンやカルノシン酸等を含んでいるほか、葉や茎に含まれる精油成分が、集中力や記憶力を高める働きがあります。

受験生には嬉しい香り成分なのですが、ローズマリーは香りが強すぎて、ハーブティーにしたときに飲みにくいかもしれません。

基本的には、ローズマリー単独ではなく、レモングラスやオレンジピールなどとブレンドすれば、よりスッキリした味わいになります。

ハーブティーに慣れない人は、紅茶に少し混ぜても良いです。

ブレンドするとなると、ローズマリーを乾燥して、いつも使えるようにしておくと便利です。
ハーブティーだけでなく、お肉を使ったレシピに、香り付けとしても簡単に使えます。

広告




ローズマリーの育て方と保存方法

ローズマリーは苗から育てるのが簡単です。
プランターでも、小さな家庭菜園でも十分に育ちます。
日光を好み、水は少なめでも育ちます。むしろやり過ぎないように注意しましょう。

植え付け時期は春と秋です。梅雨時には葉が茂りすぎて湿気が多すぎ、枯れることもあります。
また、冬が寒い地域では、強い霜で枯れる場合もあるので注意しましょう。

乾燥する葉を収穫するのは、いつでも良いのですが、梅雨と冬前に、選定(刈り込み)したものを使うと、ある程度のストックができます。

乾燥する場合は、枝ごと風通しの良いところに1週間ほどつるして乾燥させます。
乾燥できたら、枝から葉っぱの部分だけをとり、完全に乾燥させるために少し火入れするか、電子レンジで10秒くらいかけて完全に水分を飛ばします。

保存は乾燥剤を入れた密閉できる瓶で冷暗所に保存します。

この状態で1年くらいは十分保存できます。

香りの良いローズマリーを使って、さわやかな日常を送りましょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です