アーモンド

ダイエットで注目のアーモンドミルクの効果は?ココナッツや豆乳と比較

グリコから発売され、最近CMでも良く耳にする「アーモンド・ミルク」。

アーモンドを細かい粉末にして、水に溶かし込んだ飲み物ですが、ココナッツミルクや豆乳などと同様に、牛乳代替品として注目されています。

広告

広告




アーモンドミルクの栄養は?

アーモンド

アーモンドはカルシウムも意外に豊富でカロリーも少ない優れた食品です

アーモンドミルクのもとになるアーモンドの栄養は、ビタミンEやビタミンB2が多く含まれています。

特にビタミンEは、抗酸化力が強く、お肌を若々しく保ってくれる成分として効果があります。

アーモンドやナッツ類は、脂肪分が多いと敬遠する人もいますが、そのほとんどがオレイン酸を中心にする不飽和脂肪酸です。

オレイン酸は高コレステロールに効果のある成分なので、コレステロールが気になる人に多く摂取していただきたい成分です。

さらに、マグネシウムなどのミネラルも豊富で、食物繊維もたっぷり含まれており、ダイエット中の人にも効果のある食べ物です。

アーモンドミルクは、そのアーモンドから作られるのですから、栄養たっぷりな飲み物であるとともに、消化のよい栄養ドリンクになります。

現在では、スターバックスなどでも販売されており、手軽な飲み物となりました。

広告




アーモンドミルクは牛乳代替品になる?

アーモンドミルクは、牛乳アレルギーの人にとっては、嬉しい飲み物です。

アーモンドミルクは、牛乳に比べてもカルシウムは多く含まれ、なんといってもカロリーは半分以下です。

ですので、牛乳アレルギーやダイエット中に代替品として利用するには良い飲み物だといえます。

ただ、動物性のタンパク質は全くないので、良質なタンパク質を他の食べ物で補う必要はあるでしょう。

では、豆乳やココナッツミルクと比較して、栄養価はどうなのでしょうか?

この両者とも、牛乳よりはカロリーは低いですが、脂質が多く含まれる分だけ、アーモンドミルクよりもカロリーは高くなっています。

さらに、カルシウムはアーモンドミルクに比べて少ないので、牛乳代替品としてはアーモンドミルクの方がベターな選択といえます。

もっとも、豆乳やココナッツミルクでは、イソフラボンや免疫効果を高めるラウリン酸等が含まれており、うまく組み合わせて利用するとよいでしょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です