サンガリア

今流行のサングリア、日持ちがしないけれど、健康飲料でおいしくいただく作り方

ワインをおいしくいただく方法として、サングリアが人気です。
好きなフルーツを入れて数時間冷蔵庫に入れて寝かせ、よくなじませてから飲むと、フルーツの風味がのって、大変おいしくいただけます。

高価なワインはもったいないですが、ちょっと予算がない時にワンコインで買えるワインで、おいしくいただく方法を紹介しましょう。

広告

広告




カクテル感覚で楽しむサングリア

サングリアは、もともとスペインでよく飲まれるお酒です。
スペインは、もともとワインがおいしい国。
地元のお酒にオレンジやレモンの風味をきかせ、ワイン独特の渋みを消しておいしくなります。

使うワインは主に赤ワイン。
でも、日本では、白ワインでもおいしくいただくためのサングリアの作り方を、インターネットサイトでたくさんみることができます。

サングリアは、新鮮なフルーツを切って入れる方法が基本ですが、カクテルのように、ジュースを入れることで、甘みが増して本当においしくなります。

ジュースを入れることでアルコール度数も低くなり、ワインだと酔いが覚めにくくて、後が大変という人も楽しめます。

広告




サングリアは何を入れるとおいしい?

サングリアは、どんなフルーツがおいしくなるのでしょうか?

人それぞれ、好みのフルーツを入れればいいのですが、ビタミン不足になりがちなアルコール飲料に、豊富なビタミンCを付加するには、やはりオレンジジュースが一番。

本場スペインでも、オレンジジュースを入れるのが、最もポピュラーなレシピです。

さわやかな酸味をつけたいのなら、レモンジュースを加えてみましょう。

意外に人気なのが、ショウガ。炭酸で割ってジンジャエールのような感覚でいただいてみましょう。

サングリアは味をなじませるために、寝かせることが肝心。
材料によって寝かせる時間は様々ですが、フルーツをたくさん入れると、水分が出すぎて水っぽくなることがあります。

フレッシュ果実を加えると、どうしても日持ちがしませんから、ホームパーティーで使う場合は、時間を逆算して準備しましょう。

自宅で作っている人たちが寝かせる時間は、長くても、冷蔵庫で一晩までの人が多いようです。

女性に多い頭痛や生理痛で悩まされている人は、シナモンスティックを入れてみましょう。

シナモンには生理痛を緩和する効果があるので、香りでリラックスできるとともに、生理痛も緩和できます。

自宅でちょっとリッチなサンガリア。
安い予算でできるので、しっかり冷やしてお試しあれ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です