アサイー

不溶性食物繊維は便秘が悪化どころか下痢を招く?野菜ジュースの取り過ぎは 禁物

便秘に悩む人は食物繊維を積極的に摂取してその解消に努めようと野菜ジュースを飲んでいるかもしれません。

しかし、あまりに摂取過多となれば、かえって便秘が悪化するだけでなく、下痢になってしまうこともあるのだとか。

広告

広告
チョコレート飲料

バレンタインにはチョコレート飲料でちょっとかわったプレゼントも楽しいのではないでしょうか?

不溶性食物繊維は便を出やすくするのでは?

スムージー

スムージーは不溶性食物繊維も多い

ここで食物繊維について、改めて復習しておきましょう。

食物繊維には、ペクチンやヘミセルロースといった水溶性食物繊維と、リグニンやセルロースといった不溶性食物繊維があります。

このうち、不溶性食物繊維は、水に溶けず、逆に水分を吸収して膨れます。
結果、食べたものの体積が増えた格好になり、腸の運動が活発になって、腸内をきれいにしてくれるわけです。

一方、水溶性の食物繊維は、基本的に水に溶け、食品の水分を含んでゼリーのような状態になります。
結果として、人体に好ましくない物質の吸収を阻止して、便として排出させる働きがあります。

この働きの違いが、同じ便秘であっても、水分が足りないで便秘になる人と、腸の運動が少なくて便秘になる人で、効果が違ってくることになるのです。

広告
チョコレート飲料

バレンタインにはチョコレート飲料でちょっとかわったプレゼントも楽しいのではないでしょうか?

野菜ジュースにも不溶性食物繊維が含まれない?

便秘解消のために、せっせと野菜ジュースを飲んでいる人は、ちょっと注意が必要です。

市販の野菜ジュースを用いる場合には、ほとんど不溶性食物繊維が含まれないのです。
製造過程に於いて、野菜に含まれる不溶性食物繊維は、絞りかすの中に含まれて、除去されてしまうのです。

腸の運動が少なくて便秘になるタイプの人が、このような野菜ジュースを飲むと、腸への刺激は少なく、便秘の解消の効果は思うほど期待できません。
また、水分過多となって下痢を引き起こしてしまう可能性すらあります。

この場合は、できるだけ野菜全体を摂取できるスムージーを家庭で作ることをおすすめします。

スムージーについては様々な参考書も出版されており、参考にすると良いでしょう。

逆に水分が足りないで便秘になる人は、市販の野菜ジュースを摂取することで便が軟らかくなり、快調に便秘が解消されるでしょう。

自分がどのタイプの便秘か、便の状況を把握しておくことから始めてみましょう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です