BCAAと運動

代謝に大きな効果のあるBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を健康飲料 で補給するにはいつ飲めば良い?

運動時の代謝には、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸が重要な役割を果たすことがわかってきました。

サプリなどで補助的に導入している人も多いと思います。

このBCAAと呼ばれる分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸のひとつであるロイシンを手軽に摂取できる飲料がハウス食品から発売されました。

広告

広告




BCAAとは?

BCAAと運動
運動にはBCAAを摂取しておくことが筋肉をうまく維持していくことに必須です

BCAAは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸を総称した呼び名です。

ヒトの筋筋肉を構成するために必要な必須アミノ酸のうち、BCAAの割合はなんと、約35%にもなり、特に運動中には重要な役割を果たす物質であることがわかっています。

BCAAは、運動している間に分解され、エネルギーを作り出します。
従って、栄養分が不足したまま、過度な運動をすれば、筋肉がやせ細ってしまうことになってしまいます。

そこで、運動前にBCAAを補給しておくことにより、筋肉から分解する量を少なくすることが有効になってくるのです。

特にロイシンには膵臓からのインスリン分泌を促進し、インスリンによる筋たんぱく質合成を増大させる効果も確認されており、その意味でも重要な成分です。

BCAAには、運動によって筋肉がやせ細るのを防ぐ効果の他に、筋肉痛を和らげる効果もあります。
特に中高年になって筋肉痛に悩まされる人には、是非摂取してもらいたい物質です。

最近の研究では、BCAAの摂取効果に、精神的なストレスなどが起因となる、中枢性疲労の軽減にも役立つことがわかってきています。

筋肉痛だけでなく、何となくからだがだるい場合にも、ロイシンなどのアミノ酸摂取は有効です。

広告




気軽に摂取できるロイシン配合の健康飲料

運動前や運動中、運動直後に、気軽に摂取できる健康飲料は、ロイシンをはじめとしたBCAAの摂取には大変都合の良いアイテムです。

そこでおすすめしたいのが、ハウス食品から発売される「歩く生活応援飲料 アルジョア」。2月16日から全国で発売予定です。

特に高齢者は、食べ物からの栄養摂取も少なくなりがちで、運動による筋肉のやせ細りも心配です。

そこで、ジョギングなどの運動とともにロイシンを補給しておけば、筋肉を維持したまま、健康な身体を維持できるというわけです。

アルジョアは、200mlに3000mgものロイシンを高配合、オレンジのスッキリした味わいでおいしくいただきながらロイシン摂取が可能です。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です