水分補給

冬こそ大事な水分補給。インフルエンザ予防にも効果的な朝の一杯

水分補給というと、たくさん汗をかく夏の季節のものと思いがち。

しかし、以外と冬は空気か含嗽するため、脱水症状になるのです。
話題になりにくいですが、冬の水分補給にも気を配りましょう。

広告

広告




症状が出にくい高齢者と赤ちゃんには気をつけて

水分補給

夏だけでなく、寒くても水分補給は大事です

夏の脱水症状と同じですが、お年寄りは、のどの渇きに関してにぶくなるため、身体に水分が足りなくなっても、水を飲みたいという欲求がでるのが遅いという特徴があります。
そのうえ、腎臓の働きも低下しがちなので、のどの渇きにかかわらず、定期的に水分補給する必要があります。
冬の場合は、空気が乾燥しているので、汗をかいてもすぐに空気中に発散するため、気がつきにくいのです。
特にストーブなど、火気を使った暖房を使っている場合は要注意です。

乾燥する空気では、インフルエンザのウイルスはなかなか死にません。一方、湿度が高いと感染力は著しく低下し、活動も沈静化します。
インフルエンザウイルスは、のどの粘膜などにくっついて感染することになるので、のどを潤った状態にしておくとインフルエンザの予防にもなるのです。

ペットボトルや小さめの携帯用のポットに水を入れ、常時飲める環境をキープしておきましょう。

赤ちゃんの場合も、自分で水分が欲しいことを伝えることはできないので、お母さんが定期的にあげる必要があります。

広告




では、どんな水分補給が良い?

水分補給といっても、好きなものをいくら飲んでも良いのでしょうか?

暖房が効いた部屋では、冷たい者を飲みたくなってしまいますが、あまり身体を冷やすことは良くないので、常温の飲料を飲むように心がけましょう。

夏場は塩分の補給もする必要がありますが、冬場は塩分の添加は必要ありません。
したがって、激しい運動をした後などは別ですが、スポーツドリンクなど塩分や糖分の多い飲み物も駄目です。

お茶やコーヒーなど、カフェインの多い飲み物は利尿作用を促進する作用があるので、水分補給という意味からは効果は半減します。

結果的に普通の水が一番良いのですが、おいしくはありませんよね。
そこでレモンを少し混ぜて風味をつけましょう。
ビタミンCも補給できて一石二鳥ですね。

ダイエット中の人は、砂糖の入っていない炭酸水もいいですね。
特に食事前に飲めば満腹感があり、食事の制限につながります。

水分補給としての水はゆっくり少しずつ飲むのが鉄則。
コップ一杯程度の水を時間をかけて飲みましょう。

水分が失われる入浴後や朝起きた時には、必ずコップ一杯の水を飲むと、朝の活動が活発になります。

広告

「冬こそ大事な水分補給。インフルエンザ予防にも効果的な朝の一杯」への2件のフィードバック

  1. 寒いからついつい濃度のあるもの、例えばホットミルクとか飲みたいのですが、やっぱり水が一番なんですね。

    1. 朝一番に飲むものは、タダの水。
      食事前はプーアール茶、
      おやつの時間はホットミルクなどお好きな飲み物で、って感じが良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です