ココア

妊娠中の温かい飲み物ココアはカフェインに注意って本当?

寒くなってくると、温かい飲み物が欲しくなります。
妊娠中の人は、特に身体を大事にしないといけないので、食べ物や飲み物に気を遣いますが、ココアを飲むときにはカフェインに注意しましょう

広告




妊娠中のカフェインの影響は?

ココア
妊娠中にカフェインは避けた方が良いのですが、ココアに含まれるカフェインは少量なので、適量なら妊婦さんにも安心です
広告




妊娠中はカフェイン飲料を避けた方が良いといわれます。
カフェインは興奮作用があるほか、心拍数を増加させるので、元気を出したいときの飲み物としてはずせないですね。

ところが、カフェインは胎盤を通じておなかの赤ちゃんにも移行し、お母さんの胎内とおなじくらいの濃度にまで達するのだそうです。

当然のことながら胎児の体重はごく小さいですから、それだけカフェインの影響も大きくナウと考えられます。
ひどくなると胎児の発育遅延の危険性もますのだとか。

さらに、カフェインの利尿作用がカルシウムを余計に排出してしまうことも問題です。

妊婦は普通にもまして栄養を摂取しなければなりませんが、カフェインを多く摂取することで栄養分が赤ちゃんに行き渡らないのでは心配です。

妊娠中は水分補給を十分にする必要もありますが、できればノンカフェイン飲料を飲むように心がけたいものです。

カフェインよりもストレスが悪い

広告

妊娠前からコーヒーなどが好きだったのに、妊娠したらカフェイン飲料は駄目と聞くと、なかなか我慢するのは大変かもしれません。

この我慢というのは、妊娠中は最も避けたいことで、ストレスがたまるくらいなら紅茶(1~2杯程度/日)の量であれば飲んでも大丈夫です。

日本の大手の飲料メーカーが販売しているココアは、いわゆる調整ココアで、カフェイン量はかなり抑えられています。一般的なコーヒーの6分の一くらいのものもあります。
ですから、それほど注意しなくても良いことになります。

妊娠中は身体を温めることで血流が良くなり、十分な栄養をおなかの赤ちゃんに与えることができます。

ですから、温かいココアは、気分をリラックスするために最も適した飲料です。
ココアは食物繊維も多いので、便秘がちな人にもベストな飲み物です。

カフェインというと、コーヒーやお茶といった飲み物が注目されますが、コーラや栄養ドリンクにも含まれているので、それらをトータルしたカフェインの摂取量で考える必要があります。

ココア飲料はこちらで購入できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です