食後低血圧とコーヒー

食後低血圧で眠気が起きる人に効果のある飲料は?

日本の成人の場合、高血圧で悩む人が圧倒的に多いのですが、意外に気をつけないといけないのが食後低血圧。

低血圧といっても、この症状は高血圧や糖尿病の人にも起きる病気だそうです。

食後低血圧の人にお勧めな健康飲料を考えてみましょう

広告




あまり知られていない食後低血圧

食後低血圧とコーヒー

食後低血圧には朝一杯のコーヒーを飲みながらリラックスするといいです

低血圧の人自体が少ないため、あまり話題になることがなく、低血圧に対する知識を得る機会も少ないと思います。

一般の低血圧は、朝、頭痛やふらつきがあって起きられないというものですが、気をつけたいのが「食後低血圧」という症状。

食事後に急激に血圧が下がるため、食事を終えて席を立とうとしたときにめまいなどが起きる症状です。
高齢者の場合は、それがもとで転倒して大きな事故につながる危険性もありますし、脳卒中のきっかけになることもあるといいます。

どうして食後低血圧が起きるのかというと、疲労や加齢によって、自律神経がうまく働かないので、血流が脳の方にうまく流れなくなるためと考えられています。

食事中は、食べ物を消化するために胃腸に血液が集中します。そのため、他の部位で必要な血液を確保するために心拍を速めたり、血管を収縮させるなどして全体に血液を流し、血圧を維持しています。
しかし、自律神経が異常だと、この機能が発揮されず、急激に血圧が低下して脳に血液が行かなくなり、立ちくらみなどが起きるというわけです。

ただ、食後低血圧かどうかは、他の病気と重なる症状もあり、医師の診断をうけないとはっきりと断定はできません。

加齢による食後低血圧の場合、食事の内容や方法の改善、全体の血流を増やしたり、反対に腸への血流を減少させたりする薬による治療が行われます。

広告




食後低血圧はカフェイン飲料で予防を

食後低血圧を予防するには、カフェイン飲料が良いといわれています。
カフェインが血管を収縮するのを助けてくれるのです。
食事のすぐ後にカフェインの多いお茶を飲むのは理にかなった食事法だったのですね。
炭水化物の取り過ぎがこの病気には良くないので、ウーロン茶で脂肪や炭水化物の吸収を和らげることもいいでしょう。

カフェインが多いからと、濃いコーヒーを飲むのも良いですが、夜眠れなくなる、あるいは毎日だとカフェインの量がだんだん増えてくる心配があります。
そういう人は、朝の食事の時だけ飲むようにするなどすれば、問題なく効果を得ることができます。

また、食後低血圧は、食後1時間くらいすれば問題ない程度に血圧は正常に戻ってくるので、食後にすぐ動かず、ゆっくりリラックスする時間を設けることで、問題を回避できます。

 

こちらからコーヒー飲料が購入できます

コーヒー飲料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です