胃もたれを飲み物で解消し健康維持!

胃もたれや胸焼けといった症状に悩まされたことはありませんか?

ついつい、おつきあいで飲み過ぎて翌日の朝は胃もたれがひどくてつらい経験をしたことは誰しもあるでしょう。

飲み過ぎでの胃もたれや胸焼けなら一過性で良いのですが、逆流性胃腸炎など将来に胃潰瘍や食道がんの危険性がある病気もあるので注意が必要です。

この胃もたれを飲み物で解消する方法はあるのでしょうか?

広告




胃もたれの原因は消化不良

食べ過ぎ・飲み過ぎによる胃もたれは苦痛ですが、牛乳やリンゴジュースは胃もたれを解消してくれます
食べ過ぎ・飲み過ぎによる胃もたれは苦痛ですが、牛乳やリンゴジュースは胃もたれを解消してくれます

胃もたれの原因の基本的な部分は消化不良。
なんだか胃が重い、胸焼けがするといった症状を伴うことも多くあります。

ですから胃もたれには消化不良を起こさないようにすることが重要です。
消化に時間がかかる油ものをたくさん食べると、それだけ食べ物が胃の中にとどまってしまい、胃の負担が大きくなってしまいます。
食べ過ぎや油もののとり過ぎは避けるべきです。お酒を飲むときは、油ものを多く入れておくと酔いにくくなりますが、飲み過ぎを助長することにもなるので、やはり食べ過ぎは控えなくてはなりません。

次にストレス。精神的ストレスは自律神経の乱れを招き、胃のぜん動運動(食べ物を消化して腸に贈る)動きが鈍ってしまいます。これも胃もたれの原因です。

食べ過ぎやストレスを軽減することは胃もたれをしにくい対策にはなるのですが、ちょっとやっかいな「機能性ディスペプシア」という症状もあります。

「機能性ディスペプシア」というのは、胃もたれがあるのに内視鏡などで検査をしても異常が見つからない状態をいいます。

胃の中がうまく広がらずに食べ物が詰まってしまうような機能障害がある、逆に胃が非常に敏感になってしまっている場合、このようなことが起きるそうです。

このような場合は医師と相談し、適切に処置シテもらうことが必要です。
胸焼けや胃もたれが慢性的に続く場合には医師の診断を受けましょう。

広告




胃もたれを解消してくれる飲み物は?

胃もたれを防ぐには、食べ過ぎや飲み過ぎをしない、ストレスを適度に解消するための運動などが大事なのですが、日頃の飲み物でも胃もたれを解消することが可能です。

まずは牛乳や豆乳。
含まれるタンパク質が胃の粘膜を保護してくれるため、これから飲みに行くというときに、あらかじめ飲んでおくと効果が大きいです。
もちろん、胃酸が多く出て起きる胸焼けの時にも、中和作用のある牛乳を飲んでおくと胸焼けを防ぐことができます。
ただ、冷たいものは胃に刺激が強すぎるので、温かい牛乳が良いでしょう。

牛乳の成分が入ったミルクココアも有効です。ココアに入っている「オレイン酸」と「リノール酸」がピロリ菌を除去する効果があり、また、刺激も強くないので、牛乳だけ飲むよりはおすすめです。

リンゴジュースなど、消化を助ける成分が含まれる生ジュースもおすすめ。
消化を助ける酵素を有効に摂取するため、フレッシュなリンゴをその都度低速ミキサー(または手で絞る)で搾りましょう。

二日酔いの時、ミネラルウォーターを飲む人もいると思いますが硬水よりも軟水の方が良いようです。

バンホーテン ミルクココアカロリー1/4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です