タウリン

タウリンの効能と副作用、健康のポイントは牛乳と一緒に飲む

魚介類に多く含まれるタウリン。二日酔いの後の肝臓の働きを助けるとして、最近注目度の高い成分です。

シジミのエキスを詰めたサプリのCMで結構ポピュラーな成分ではないでしょうか。

タウリンは栄養ドリンクやサプリメントにも多く用いられていますが、あまりたくさん摂取すると副作用があるのだとか。
むやみに摂取するのはやめておいた方が良いといわれています。

広告




タウリンも過ぎたるは及ばざるがごとし?

タウリン
シジミなど魚介類にはタウリンが多く含まれていますが、栄養ドリンクなどでの過剰摂取には注意です

たいていの栄養素については、摂取しすぎると体外に放出され、無駄にはなりますが、特に副作用といっても気をつけるほどのことがない物質がほとんどです。

ところが、タウリンについては、時には吐き気や下痢を引き起こす可能性があるのです。

さらにタウリンには胃液の分泌を促す働きがあり、最悪の場合、胃潰瘍の原因になるリスクをかかえています。

とはいえ、影響があるのは一日3g以上の摂取を継続的に行った場合で、普通の食事や健康ドリンクを用法を守って使用している限りにおいては全く問題はありません。

例えばシジミには 32.4mg/100g、アサリでは211mg/100gくらい含まれていますので、1日の摂取量をこれらで補おうとすると、とても食べられる量ではありませんね。

注意したいのは、風邪薬などに含まれるアスピリンを服用した場合。タウリンと同時に摂取することでアスピリンの薬効を増強してしまう可能性があります。

ですので、念のため、風邪薬を服用しているときはタウリンを摂取しないか、風邪薬にアスピリンを含んでいない化確認してからタウリンの摂取を行いましょう。

広告




タウリンを安全に摂取するには牛乳が良い

タウリンを食事から摂取し、効果を有効にしようと思ったら、たくさんの魚介類を食べなくてはなりません。しかも、タウリンは水に溶けやすいため、スープなどもすっかり飲み干す必要があるので、結構大変です。
コレステロール値を下げる効果のあるタウリンを摂取するために、逆に食材に含まれるコレステロールやカロリー、塩分の摂取しすぎになってしまっては、本末転倒です。

そこでタウリンをサプリや栄養ドリンクで補うことになると思うのですが、先ほども説明したように、あまりに過剰に摂取しすぎると副作用の問題もあります。
また、継続的に摂取しているために、人によっては潰瘍のリスクが高くなるのも困りものです。

タウリンを摂取する場合には、このような副作用を避けるため、牛乳と一緒に摂取することがおすすめです。
過剰に分泌された胃酸が胃壁や食道の壁に直接触れることから守ってくれるからです。

ただ、牛乳も飲み過ぎるとおなかを壊すので、適量が前提です。

健康飲料も「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですね。
正しく活用して健康になりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です