糖尿病

糖尿病に良い健康飲料と悪い飲み物を考えてみました

糖尿病は現代の成人病の中でもたいへん関心のある病気になっています。
厚生労働省の調べによると、2012年の推計で糖尿病と糖尿病予備群の合計は2,050万人 国民の5人に1人が糖尿病があるか、危険性を持っていると注意喚起しています。

さて、糖尿病といえば食事管理が大変ですが、最近の機能性飲料、糖尿病に良い飲み物と悪い飲み物があるのでしょうか?

広告




糖尿病に良い飲み物として日本山人参を

糖尿病

糖尿病に良い飲み物と悪い飲み物を良く理解し、ダイエットとあわせて生活改善することが重要です。

「日本山人参」とはあまり聞いたことがない名前ではないでしょうか。
人参というと、朝鮮人参を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、この日本山人参は全く違う植物です。

正式には「ヒュウガトウキ」というこの植物は、セリ科の植物で、宮崎県高千穂地方から大分県の一部の山で自生する希少な植物です。

ヒュウガトウキは昔から薬草として珍重されており、すでに江戸時代には、当時の植物学者である賀来飛霞が「ウヅ」という名前の植物を薬草園に植え付けさせ栽培されていたといいます。

その後の研究により、健康維持に効果のあるいろいろな有効成分があることが判明し、生薬として厚生労働省の認可も出ています。

ヒュウガトウキには、インスリン活性を高めることがわかっているほか、アルドース還元酵素を抑えて、糖尿病の合併症の原因の一つである、ソルビトールが蓄積するのを防ぐ働きがあります。
したがって、血糖値が抑えられる他、合併症による糖尿病性抹消神経障害も防ぐ効果があるのです。

広告




果物ジュースは糖尿病には厳禁!

一方、糖尿病に悪い飲み物は何でしょうか?
一般的にカロリーの高い飲み物はよくないことはご存じでしょう。
カロリーゼロのコーラは、糖尿病に影響はほとんどないので、基本的に悪くはないのですが、飲み過ぎると炭酸外を刺激して食欲が必要以上に出てしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

果物のジュースは、ジュースのなかでも果糖が多すぎるため、血糖値を上昇させるので、厳禁です。
特に濃縮還元型果物ジュースは摂取しないことが賢明です。

もし、ビタミンなど果物の栄養を摂取するのであれば、フレッシュな野菜を主にした野菜ジュースとして、生の果物を少し混ぜるといった飲み方が良いでしょう。

糖尿病には健康的なダイエットも重要ですので、発病の前から健康な身体に気を配りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です