テアニン

睡眠にはテアニンが効く!就寝前に水出し茶を飲もう!

テアニンという物質をご存じでしょうか。
テアニンは抹茶などのうまみ成分としてよく知られた物質です。
このテアニンですが、太陽化学株式会社の研究によって、眠りと非常に関わりの深い物質であることが証明されたのです。

この研究報告によれば、テアニンを摂取して約40分後にα波が現れ、脳がリラックスした状態になるそうです。
α波は、目を閉じ安静にしリラックスしているときや、一つのことに集中しているときに大きくななります。脳が非常にリラックスした状態なので、すぐに眠りにつくことができるのです。

睡眠を確保するために、このテアニンを含んだサプリメントも販売されていますね。

しかし、実は抹茶(濃茶)4gに約100mgのテアニンが含まれており、寝る前に飲むと効果がありそうなのですが、抹茶にはカフェインも相当含まれており、寝る前に飲むのは避けた方が良いというのが一般的です。

では、テアニンだけをうまく摂取する方法はないのでしょうか?

広告




水出しのお茶でゆっくり抽出すればテアニンたっぷりなお茶ができる!

テアニン
睡眠を誘導する役割があるテアニンはお茶に多く含まれています。
カフェインをとらずテアニンだけを摂取するには水出し茶が効果的

テアニンはお茶のうまみ成分です。お茶は抽出するお湯の温度によって成分が違ってくるのはよく知られたことです。
お茶が好きな人は、急須でぬるいお湯を入れ、甘みを引き出すのが上手です。甘みが出て、非常においしくいただけます。
お茶がもったいないという人は、このあと熱湯を注ぎ、渋みと香りを楽しみ、お茶の成分を余すところなく楽しんでいます。

温度による抽出量の違いですが、テアニンは温度よりも時間が重要で、じっくりと抽出する必要があり、逆にカフェインは温度による影響が大きくて、高い温度ほど良く出ます。

従って、低温抽出することで、カフェインが少ないお茶ができるのです。
そのうえ、テアニンはカフェインの作用を抑制してくれる働きもあるので、実に理想的です。

就寝前には水出し茶を常温、もしくは温めて飲むと効果があります。

さらに、運動時に蓄積されるアンモニアの代謝を促進するために、アルギニンとリラックス作用のあるテアニンを組み合わせることによって、効率的に疲労を軽減するのではないかと考えられています。
伊藤園の研究では、これらの成分の組み合わせは、カフェイン:テアニン:アルギニンの比率として、1:2:2が好ましいとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です