高級飲料別格

キリンビバレッジから材料厳選の「別格」な飲料が新発売。本当に味の違いがわかる?

2014年秋、キリンビバレッジから高級志向の飲料、「別格」が新発売されることになりました。
「一口飲めば違いがわかる」テイストに仕上がったそうですが、はたして本当に違いがわかるのでしょうか?

広告




「別格」なテイストを決める決め手は?

高級飲料別格
キリンから発売の『別格」シリーズは高級な材料を厳選した高級飲料です

キリンが発売する「別格」は4種類。
自社製品の2.5倍の茶葉量を使い、高級なお茶として知られる「かぶせちゃ」を贅沢にブレンドした「キリン 別格 日本冠茶」。
希少な「ブルボン・アマレロ」を100%使用し、カロリーほぼゼロの希少糖を使ったコーヒー、「キリン 別格 希少珈琲」。
高知産のショウガを使った「キリン 別格 生姜炭酸」(ジンジャーエール)。
黄金桂茶と香りのよい鉄観音茶の2種類の高級青茶(半発酵茶)をブレンドした「キリン 別格 黄金鉄観」

材料は全てに希少価値のある世界でも人気のものばかり、高級感を前面に押し出した製品となっています。
「別格」は贈答用のセットもオンラインで販売されています。

「おいしければ少々高くても買う」という消費者ニーズを背景に、小売価格200円という強気の販売戦略です。

広告




人間の味覚とはどれほどのもの?

「いろんなお茶が販売されているけれど、どれも同じような気がする」と感じている人もいるでしょう。
人の味覚はいろんなものが影響していて、濃い味のものを多く食べている人には違いがわかりにくいといったこともあります。
香りや見た目というのも大きく影響します。
したがって、必ずしもそうだとは言えないのですが、味覚を研究している人によると、日本人は味覚に関しては敏感な人が多いというのです。
それは素材の味を大事にする日本食の影響が大きく影響しているのだということです。

また、味を感じる味蕾という組織が、黄色人種(中でも日本人が一番多いと言われてる)で一番多いという報告もあり、身体の仕組みの上でも違いがわかる人種なのです。

ただし、味覚は舌先で甘みを、舌の奥の方で苦みを感じるというように、場所によって感じる味が違っているので、「別格」ような高級品を本当に味わおうと思うなら、すぐに飲み込まず、ワインを飲むように口の中で少し転がすようにしてうまみを堪能するのが良いでしょう。

さて、この高級飲料「別格」シリーズ、あなたなら違いはわかりますか?ぜひおためしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください