ビタミンDと乳酸菌飲料

ビタミンDの効果とカルシウム飲料との組み合わせで、バッチリ骨粗鬆症を予防。

ビタミンDはしらす干しや鰯の丸干しなど、魚類に多く含まれる物質です。
農産物では、干し椎茸などのキノコに多く含まれています。

このビタミンDとカルシウムをうまく活用することで、より骨を強くすることがわかっています。

広告




ビタミンDは単独では効果がでない

ビタミンDと乳酸菌飲料

ヨーグルト飲料などの乳飲料とビタミンDをバランスよく摂取することで骨を強くします。

ビタミンDはちょっと特殊なビタミンです。
ビタミンDは食べ物から摂取するほかに、太陽の紫外線を浴びることで体内で合成することができるのです。
「日光浴することでビタミンDが作られるのなら、あまり重要な要素でもないじゃん」と軽く考えないでください。
紫外線を浴び過ぎるとシミの原因になったり、ひどい場合には皮膚がんの原因にのもなるのです。
やはり日光浴でビタミンDを作るというより、食事によって摂取されるビタミンDを補完する程度に考えておいた方が良いでしょう。

ビタミンDの働きは、主にカルシウムの吸収を助けてくれることです。
高齢になるほど、骨が弱ってちょっとしたことで骨折することも多くなります。
特に女性の場合は、ホルモンバランスが崩れて骨の中が”カスカス”の状態になる骨粗鬆症になりやすく、骨折の危険性が高くなるのです。

そこでカルシウムをサプリメントなどで積極的に摂取する人も多いと思いますが、ビタミンDが不足していると効果が半減してしまうのです。

また、ビタミンDの不足は、「冬季性うつ」の原因となっていることもわかってきました。寒くて日差しが弱い冬の時期に気分が落ち込む症状が顕著に現われる病気です。
また、ビタミンDは免疫力を強化する効果がわかってきており、重要性が増しています。

日光浴とビタミンD、カルシウム、の3つをうまく組み合わせることで年をとっても元気な身体が維持できるのです。

広告




ビタミンD強化の乳飲料で効率アップ

ビタミンDは体内に蓄積しやすいという欠点もあります。
ですから、過剰に摂取すると吐き気がするなどの副作用が出る場合があるので注意しましょう。

そこで、ビタミンDを強化した乳飲料、ヤクルトの「ホワイトミルージュ ソーダ」を紹介しましょう。
ヨーグルトサワーのスッキリした味わいに、ビタミンDを強化してあります。
ビタミンDの含有量は、ヤクルトの他の乳飲料と比較して2倍近く入っています。
ヤクルトと同じシロタ株に由来した発酵乳を使っているので、乳酸菌飲料としてもおいしくいただけます。

カルシウムを効率よく吸収するためにヤクルトの「ホワイトミルージュ ソーダ」、ぜひ定期的に飲んでみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です