ダイエットと飲料

運動前にはトレーニング補助飲料、運動後にはレモンジュースを

ダイエットには食事とともに運動が必要ですが、運動の前後には水分がたくさん失われるので、飲み物で補うことが大切です。

しかも、このときにチョイスする飲み物が適当でないと、効率的なダイエットができないというのです。

広告




運動前には脂肪を燃焼しやすくする補助飲料を

ダイエットと飲料

ダイエットとともに行う運動の前後で適切な飲み物を選びましょう

朝起きてすぐに散歩に出るなどするのは、必ずしも良いとは言えません。特に心臓に持病を抱えている人や、血圧が高い人は、朝起きてすぐの運動は避けましょう。

ダイエットをする目的であっても、過度な空腹で運動をするのもやめましょう。
軽く食事を済ませてから運動することが必要です。
運動前には、水分補給をかねて、スポーツ飲料、もしくはスーパーヴァーム のような、カルニチンを含んだトレーニング補助飲料を飲みましょう。
ミネラルウォーターは水分補給にはなりますが、脂肪燃焼という点では効果が薄れてしまいます。

コーヒーや濃いめのお茶など、カフェインを多く含んだ飲み物も効果があります。
トクホ飲料で有名になった「ヘルシア緑茶」も、運動前に飲んでおけば効果がより期待できます。

広告




運動後にはレモンジュースを飲んで疲労回復

運動して汗をかいたら、かなり脂肪燃焼が進んでいます。夏の時期、ジョギングや三歩程度の運動でも、長時間行う場合には、運動途中でも水分補給をこまめにとることが肝心です。この場合は普通のミネラルウォーターやお茶でかまいません。
日中の暑い時間に運動をする場合には、塩分の補給も大事になってきますが、むしろこのような環境では熱中症の危険が高くなるので、運動は避けるべきです。

運動後には、疲労した身体を回復させるため、クエン酸の入った飲み物が適しています。
口当たりも良く、気分もさわやかになるので精神的にも効果があります。

ただし、あまり冷たく冷やした飲料はかえって胃の調子を悪くするので、常温の飲料をゆっくりの無調に心がけましょう。

薬局で販売されているクエン酸を水で薄めても良いのですが、香りの良いレモンを水で薄めもののほうがおいしくいただけます。

砂糖を加えても良いのですが、ダイエットの場合はせっかく減らしたカロリーを補充することになるので、入れないでつくりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です