ゴーヤー

苦みのないゴーヤージュースの作り方と効能

暑い夏の時期、ゴーヤーをグリーンカーテンに育てる運動もおなじみになってきましたね。
暑さ対策として良いばかりではなく、ゴーヤーは健康にも良い食べ物です。

しかし、このゴーヤーの苦みがどうも苦手、という人も多いのではないでしょうか。

広告




ゴーヤーの苦みは健康に良い成分

ゴーヤー
ゴーヤーは苦みに健康に良い成分が含まれています。

ゴーヤーはビタミンCも豊富に含まれていることでも知られていますが、ゴーヤーの特徴は、なんといってもその苦みです。
苦み成分は「モモルデシン」という物質。
モモルデシンは、食欲を増進させる効果があり、また、血圧を下げる効能も知られています。
そのほか、血液をきれいにしたり、鎮静作用も知られています。

モモルデシンは、少しですが、きゅうりやズッキーニにも含まれるそうです。

ゴーヤーは油との相性が良いので、豚肉、豆腐と合わせて炒めたゴーヤーチャンプルーは、沖縄だけでなくごく一般の家庭でも作る機会は多いのではないでしょうか。

このゴーヤーをジュースにして飲むと、ビタミンCがそのまま摂取できて、健康によいジュースができるのですが、そのままでは苦くて、はっきりいって、飲めたものではありません。

各家庭では、様々な工夫をして苦みを抑えたジュースを作っていることが、インターネットでも紹介されています。

広告




苦くないゴーヤージュースの作り方

ゴーヤージュースに甘みを使いする場合、多くは蜂蜜を使用しているようです。蜂蜜はまったりとした甘さがあり、ゴーヤーの苦みを包み込むように軽減してくれます。
また、蜂蜜には胃腸を整えてくれる作用もあるので、朝の食欲がないときに非常に良い取り合わせでもあります。

さらに、果物と混ぜる人も多いですね。パイナップルやリンゴなど、酸味のある果物と混ぜればさわやかな味になって、これも苦みを消してくれます。

牛乳やヨーグルトに混ぜてジュースを作っている人も多いですね。牛乳は毎朝の食事に取り入れてイル人も多いかと思いますが、同じ感覚でゴーヤージュースを飲めるので、習慣づけるには良い方法でしょう。

夏の時期、庭先で収穫したフレッシュなゴーヤーを使ってジュースを作れば、お金もかからず、健康になれて、冷房費用もいくらか節約できて、何倍もお得な生活ができますね。

ジュースを作るのが面倒、あるいは、一年を通じてゴーヤージュースを取り入れたいなら、市販のものもあります。

100%野菜ジュースを販売しているミリオンから、「ゴーヤー&ヤーコン」ジュースというのが缶入りで販売されてます。
オリゴ糖を多く含むヤーコンがゴーヤーの苦みを和らげてくれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です